サイト内検索
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
<<前月 2017年09月 次月>>
運営者情報
RSS
POWERED BY
BLOGN(ぶろぐん)
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
にこっ 先日の某特殊法人公共放送のブラタモリ名古屋編見ましたか?
名古屋嫌い?で売り出したタモリさん、とうとうブラタモリで名古屋にやってきました。


ニヒル そうそう!歴史的和解!!とまで言われ評判になりました・・・やっとかめだなも~


にこっ 番組では名古屋城から熱田神宮に続く台地にいて紹介、名古屋城は台地の北端だったんですね。
確かに言われてみれば名古屋城から南に熱田さんまで緩やかな下りになっています。
伊勢音頭では「伊勢は津で持つ 津は伊勢で持つ、尾張名古屋は城で持つ」と言われますが・・・なんとタモリさん「尾張名古屋は、家康でもつ」ときました!

ニヒル 家康が名古屋の礎を作った!という内容だったのね。

にこっ そうそう確かにその通り!
早速、放送にもあった名古屋城西側の堀川界隈へ行ってみることに。
この辺りは四間道 (しけみち) と呼ばれ、最近お洒落なお店・カフェ・レストランが増えてきました。


そして隣の円頓寺 (えんどうじ) 商店街へも足を延ばしました。


ニヒル 円頓寺ですか、懐かしい~。

にこっ 懐かしい?円頓寺って七夕祭りぐらいしか聞いたことが無いんだけど・・・という人が多いね。
下町情緒を残す繁華街としては、最近は大須が人気だからかな?
女性 そう矢場とん、コメ兵!
にこっ 矢場とんか~!そうかもね。でも円頓寺もなかなか趣のある良い街だよね。
円頓寺ってどこ?と言われるかもしれませんので、少々お付き合いを。

地理的には、名古屋駅と名古屋城のほぼ中間の位置だよね。
地元の人の話では、名古屋で最も古い商店街だそうで、江戸時代初期の名古屋城築城の際に、当社がある清須(清洲)から名古屋への大規模な都市移転が行われたのが、俗に言われる「清洲越し」です。
この時に、この円頓寺辺りは武家屋敷が数多く立ち並びました。江戸時代にはブラタモリで紹介された堀川を利用して船に載せて運んだ荷下ろしの拠点となったことで、商人が集まり商店街の前身が生まれたということらしいです。

女性 へぇ~そんなんだ。
だから、今でも古い街並みや蔵が多く残っていて下町?情緒あふれる町になっているんですね。
ところで、三英傑ともう一人の傑人。って何?

にこっ そうだった!そうだった!
上の円頓寺の写真の右下隅、カラーコーン挟まれて人物座像の後ろ姿が・・・これ何か知ってる?
あかん、どえりゃー前置きが長くなってしまったぎゃー、本題は次回だぎゃー!

女性 なんじゃそりゃ!タモリさんに馬鹿にされるで「はよ出さんキャー、エビフリャー!」

うさぎ 「でも、名古屋人エビフリャーって言わないよね・・・。」



提供:ビジネスブログのe売るしくみ研究所..