サイト内検索
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     
<<前月 2019年12月 次月>>
運営者情報
RSS
POWERED BY
BLOGN(ぶろぐん)
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
うさぎ 最近出張ブログ(お仕事とは全く関係ないブログ)が続いていました。
私を含めて広報委員会と5人でブログを書いているのですが、・・・・・
「仕事より仕事外の方が書きやすい!!」という事だと思います。

そこで私うさぎは今回はお仕事のお話しで・・・・。

当社は最近インクジェットプリンターをバスクロからAFIT+京セラ+浜松ホトニクスに変更しました。

当社のようなメーリング業界ではハードの性能もですが、ソフトウェアについても高機能で使いやすいものを求めます。

AFITソフトは今まで使っていたバスクロ製ソフトと比較しても良く作り込まれていると思います。

京セラヘッドは掃除の回数を圧倒的に削減することが出来ました。印字程度も高いです。

浜松ホトニクス製のUV硬化LEDもかなり仕上がっております。

先日はUV圧着のハガキに印後、LEDを照射してUV圧着に影響が無いかどうかをテストしました。

ポイントはUVインクには385ナノメートルの紫外線で硬化する硬化剤が入っているのですが、性能が劣る製品で指定した波長外の紫外線が出てしまうので、UV圧着に影響が出てしまいます。UV圧着の硬化剤には影響が出ず、インクの硬化剤のみに反応するという正確な波長の制御が不可欠です。

またLEDではなく、UVランプの場合はもっと波長が短い紫外線やもっと波長が長い赤外線まで出てしまうので385ナノメートルの硬化剤だけに反応させるというのはフィルター等を使用して防ぐと言うことになります。

目的の波長の紫外線が照射できれば最適という事です。

今回のテストは要求項目を全てクリアして終了しました。
ふぅ~。デモンストレーションは緊張します。







提供:ビジネスブログのe売るしくみ研究所..