サイト内検索
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
<<前月 2019年08月 次月>>
運営者情報
RSS
POWERED BY
BLOGN(ぶろぐん)
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
うさぎご無沙汰してしまいました。
もうすっかり涼しくなってしまいました。
最近の近況は・・・・、ちょっと前に考えていた中綴じ製本透の搬送補助装置のテストを行ないました。
かなり難しいと思われる製本等もテストしています。
近々お見せできると思います。

今日はUV-LEDのランプとベルトの耐久性についてです。
うさぎマークの搬送機はゴムベルトにエアで用紙等を吸着して搬送しています。
UVインクの硬化には385ナノメートルの紫外線を照射して硬化剤を反応させてインクを硬化しています。

その際・・・・・、「紫外線には物質を劣化させてしまうという性質があるためベルトが変質してしまう」というリスクが有ります。
そのテストを行っていますが、その中間レポートです。

テストは2種類のベルトで行っています。
ベルトメーカー名は伏せますが、このテストでベルトの性能の優劣を決めているわけではありません。
あくまでも「紫外線の照射による変質や劣化」のテストを行っています。

用紙の搬送で重要なのは摩擦抵抗係数であったり、表面の材質であったり、また機械の設計上は最小プーリー径などベルトの決定には様々な要素があると思います。
そのなかで「385ナノメートルの紫外線に対する劣化」というのは資料がベルトメーカーにもLEDメーカーにも無かったので、浜松ホトニクス様と当社でテストを行っています。
テスト期間は半年程度で、テスト方法以外は、ほぼ何の相談も無く、同一方向の結果が出るか?という個人的な興味もある中で、テストを行いました。
本日、別件で浜松ホトニクス電子管事業部様とお話しする事があったので「あのテスト・・・・どういう結果が出ていますか?」って事になりました。

浜松ホトニクス様はLEDメーカーとして色々な方法でテストをされています。
たとえば、強い紫外線で早く劣化させる等のテストはメーカーならではのテストであり、うさぎはあくまでも本番やデモで印字をしながらどうなるか?という生産機でのテストを行っています。

その結果・・・、なんと浜松ホトニクス様と当社でほぼ同一方向の結果がでております。
搬送ベルトの選定にはずいぶん時間とエネルギーを使いました。
まだまだテストは続いています。

まだ確認しなくてはいけないことがいっぱいありまして・・・。
ニヒル 「えっ・・・・そんなにあるって大丈夫なの?」
うさぎ 「多分、大丈夫と思います。」



提供:ビジネスブログのe売るしくみ研究所..